2018年9月20日木曜日

音楽が流れる機関車。

欧州の機関車には、駅に停車している際に、塗装にちなんだ音楽を演奏する機関車があります。

鉄道模型でも、数種類製品化されていて、DCC制御で機関車が演奏します。

私が所有している物を紹介いたします。

Jägerndorfer Collection.
#28002 GYSEV鉄道 470型電気機関車。
ワーグナー生誕200年の記念塗装機です。機関車はタウラスタイプです。ワーグナーの代表作「ワルキューレの騎行」が機関車から流れます。Youtubeで動画を検索すると、実車も停車中に迫力ある音量で演奏しています。

模型のサウンド動画です。

ROCO
#73958 Vectron BR193 219-3 SETG.
こちらは、オーストリアSETG鉄道の機関車で、有名なクリスマスソング、「きよしこの夜。」200年を記念した塗装です。機関車はBR193 Vectronタイプです。残念ながら、実車が演奏している動画が見つからないので、音楽が流れるのは模型だけかもしれません。模型は「きよしこの夜」を演奏します。

模型のサウンド動画です。

他にも、Jägerndorfer Collection. から何種類か発売された様ですが、今は入手困難です。

停車している機関車から音楽が演奏されていたら、思わず聞いてしまいますね。
 

2018年9月13日木曜日

Trix #22930 DBAG BR648.2 ディーゼルカー

Trix #22930 DBAG BR648,2 ディーゼルカーを紹介したいと思います。

YoutubeでMärklin版の動画を見て、乗降ドアが液晶ディスプレイになっているギミックが気に入りました。2線式のTrix版も出るとのことなので、Lippeで発売になった時に購入しました。

2両編成なので、扱い易いです。塗装も綺麗です。

 
室内灯装備で、乗客も乗っています。

この製品の最大の見せ場は、乗降ドア部分の液晶ディスプレイです。通常はドアが閉まった画像が映っていますが、DCC制御でファンクションボタンを操作すると、動画に変わり、ドアが開いて乗客の乗降シーンの動画が流れます。
線路に電気が流れていない時は、画面は真っ黒です。
線路に通電すると、画面にドアの画像が映ります。
ファンクションを操作すると、ドアが開きます。
乗客が車内から出て来ます。
乗客が車外へ出て行きます。
乗降が終わりました。
動画のパターンは数種類あり、ランダムで動画が流れます。降りていくシーンだけでなく、乗車するシーンもあります。私も全部見てみようと思っていますが、まだ全部見ることが出来ていません。液晶ディスプレーは左右、全部の乗降ドアに付いてますが、右側なら右側だけ、左側なら左側だけと、両側のドアを一度に開けることは出来ないようです。

ドアが開いたままでは、スロットルを加速にしても走り出しません。実車同様、安全側になってます。

乗降ドアの開閉シーンをいくつか動画に収めました。参考になればと思います。

DCCでこの様な液晶ディスプレーのギミックも面白いですね。仕組みは不明ですが。

購入先 ドイツ Modellbahnshop Lippe.(英語ページ)

2018年9月11日火曜日

ROCO #73958 Vectron BR193 219-3 SETGが到着。

ROCO #73958 Vectron BR193 219-3 SETGが、ドイツ Modellbahnshop Lippeから届きました。郵便局の方、秋雨前線で大雨の中、配達ありがとうございます。

今回、荷物が台風21号の影響を受けてしまい、どうなる事かと心配しました。
トラッキングを見て頂ければ解ると思いますが、日本には9月3日に到着。配達先が関西の為、通関は大阪国際郵便局で行います。保税運送で国際交換局の川崎東郵便局を、日付が変わった9月4日深夜に出発。ところが、同じ日のお昼ごろに近畿地方を台風21号が襲います。

大阪国際郵便局は関西空港に在ります。この台風で関西空港は、空港連絡橋などが大きな被害を受けたのは、ニュースでご存知かと思います。

荷物のトラッキングも9月4日から何の変化もなく、大阪国際郵便局に届いたが、郵便局が業務停止で何も出来なくなっているのか、どこかで足止めされているのか分からなくなっていました。

動きがあったのは9月7日の午前。荷物が川崎東郵便局に帰ってきました。その後通関手続きを得て、9月10日に無事に配達されて来ました。

Lippeの何時もの二重箱の厳重な梱包のおかげで、外箱も中箱も損傷なく、無事に到着しました。

商品も無事でした。


塗装も細かく、綺麗です。UICコードは、91 80 6193 219-3 D-ELOC

SETGは、 Salzburger Eisenbahn Transport Logistik GmbH.という会社で、日本語に訳せば、ザルツブルク鉄道輸送会社でしょうか。オーストリアとドイツで貨物列車を運行している会社です。

このBR193 219-3は、クリスマスでよく歌われる、「きよしこの夜」(ドイツ語ではStille Nacht.)が沿線のオーベンドルフで作られて、200年を記念した特別塗装機になっています。

サウンドは、LeoSoundLabで、相変わらず良い音を出します。この製品の特長は、「きよしこの夜」を演奏します。サウンドデーターに入っていて、ファンクションボタンで演奏します。

Youtubeで、実機の動画を探しましたが、実機が演奏している動画が発見出来ないので、模型だけかもしれませんね。

機関車が音楽を演奏してくれるのは、楽しいです。

購入先 ドイツ Modellbahnshop Lippe.(英語ページ)

2018年9月10日月曜日

台風21号の影響。

台風21号が、居住している近畿地区を襲いました。

家族、家屋への被害と、停電は免れましたが、CATVが被害を受け、テレビ、電話、ネット回線が停止して、ブログの更新作業が出来ませんでした。

復旧しましたので、ブログの更新作業が出来る様になりました。

今後とも、宜しくお願いいたします。

Fuka-P

2018年8月28日火曜日

ROCO #74339 #74340 ÖBB Nightjet Bmz客車が到着。

ROCO #74339 #74340 ÖBB Nightjet Bmz客車が届きました。

Lippe等、欧州の模型店では予約完売で入手出来ずに再生産を待つ事にしました。

先日、カナダの欧州型模型店「Euro Rail Hobbies」の検索に「Nightjet」と入れてみたところ、ROCOのBmz客車に In Stock の文字が。しかし、在庫有りと書いてあっても購入のタイミングで売り切れる事もあるので、注文のコメント欄に「売り切れならキャンセルでお願いします。」と記載。お店からの返信で「在庫有ります。週末に発送しますね。」との返事。入手することが出来ました。

以前からお店のHPは見ていましたが、取引するのは初めてのお店です。カナダからのトラッキングは初めてなので、載せますね。
国際特定記録郵便で送られたようです。小包の扱いではない様です。カナダ国内の記録は載っていません。バンクーバーから日本に発送です。日本まで約5日。全体で約10日で配達されて来ました。何故か日本の税関で時間掛かってます。

客車2両なので、箱は大きくありません。

カナダ郵便で発送です。お店から、USPSトラッキング保険付き、カナダPOSTトラッキング保険付き、カナダPOSTトラッキング保険なし、どれにする?と、聞いてきたので、初めてのお店ということもあり、カナダPOSTトラッキング有りにしました。

商品代金の支払いは、米ドルと、カナダドルのどちらでも支払いが出来ます。私はカナダドルで支払いました。カナダドルの方がレートが良かったので、数百円安かったからです。しかし、カナダドルのクレジットカード手数料が幾らか判らないので、どうなんでしょうね。

日本で開封検査に廻りましたが、川崎東郵便局特殊係って書いてあるので、何事かと思いましたが、書留を扱う部署だそうで。


梱包状態は緩衝材がしっかり入っていて、安心しました。外の箱も潰れていませんでした。

無事にNightjet Bmz2両到着です。

塗装も美しいです。

車端にオーストリア国旗が。

L.S製品と並べてみました。連結しても違和感は無いです。

これで、Nightjet EN470の11両の内、8両が揃いました。残りは3両です。発売が待ち遠しいです。

購入先。 カナダ Euro Rail Hobbies.

2018年8月24日金曜日

ROCO #64111 ČD Rail Jet 室内灯、ライトユニットを少し改良。

2018年8月16日に書いた、「ROCO #64111 ČD Rail Jet 室内灯設置。」で、プラ板で作ったLED室内灯ユニットを、テープで張り付けて固定していました。

テープでの取り付けは簡単なのですが、見た目が悪いのと、後のメンテナンスの為、改良しました。

車内には、純正の室内灯ユニットが取り付けられる様にネジ穴があります。室内灯付きRailjet客車セットの部品表を見ると、取り付けには M1.5 x 5mm のネジを使うようです。

改良個所は、LEDライトユニットをネジで固定出来る様にしました。LEDテープを張り付けるプラ板に、ネジ止めするためのステーをプラ板で製作し、客車のネジ穴の位置に現物合わせで接着剤で張り付けて、ネジ穴を開けます。

ネジは入手し易い、エコーモデルのM1.4x5mmのタッピングビスを使用しました。問題なく固定出来ます。

ネジで止めるだけです。テープの不細工感は無くなりました。

この客車で取り付け穴が3か所あるので、ステーを3つ作って取り付けます。

ライトユニットがしっかり固定出来るので、先に取り付けた車両も改良することにします。

2018年8月23日木曜日

HOユニトラックポイントに、ワンコインポイントデコーダーを搭載。

私の所では、KATO HOユニトラックレールで運転しています。

DCCで運転しているのに、ポイントの切替にスイッチ切替では、せっかくDCCを入れたのに勿体無い。

KATOユニトラックポイントは、Digitraxから道床内部に組み込めるポイントデコーダーが発売されていますが、結構いいお値段するので、今回からNucky One Coin Decoder4を使ってみることにしました。内蔵するプログラムをポイント用に書き換えるだけで、ポイントデコーダーになります。

デコーダーは、道床内部に収まります。
お値段も1個あたり約500円と、お財布にも優しいです。

製作の方法などは、Nucky One Coin DecoderのHPを参照して下さい。

組込みは簡単です。デコーダー入力をレールにつなぎ、出力をポイントマシンにつなぐだけです。KATO HOユニトラック 6番電動ポイントは、選択式と非選択式が選べますが、DCC制御なので、非選択式にしておきます。

本当は、デコーダーを絶縁チューブ等で絶縁する方が良いのですが、ポイントの裏ブタが閉まらないので、カプトンテープで絶縁しています。

これで組込み自体は終わりですが、デフォルト設定でポイントは動作しませんでした。

画像は、HOユニトラック電動6番ポイントのポイントマシン部分です。コイルが電磁石となって、マシンの両側にある磁石を引き付けてポイントが転換するのですが、電磁石と磁石の間隔が意外に広くて、デフォルト設定では動きません。
約7mmの間隔があります。
最初は、電磁石に電気を流す時間が短いのかと思い、出力動作時間CV3を長くしていきましたが、ポイントは転換しません。

ポイントマシンに流す電流出力を増やさないとダメみたいなので、CV3をデフォルト設定に戻し、出力電力の調整CV値 CV6を10ずつ増やしていき、CV6=215で安定して動くようになりました。

実は最初CV6=255の最高値で動かしていましたが、急に動かなくなったので、開けてデコーダーを触ってみると、触れない位に熱くなっていました。CV6の調整は動くギリギリの値で設定して、連続動作は避けた方が良いと思います。

ワンコインデコーダーのおかけで、安価にポイントをDCC化することが出来ました。

2018年8月16日木曜日

ROCO #64111 ČD RailJet 室内灯設置。

Nardiさんのブログ、The Nameless Cityの2018年8月1日の記事、「ČD Railjet 室内灯を仕込む」に刺激されて、私も組み込んでみました。

Nardiさんに「真似しても良いですか?」と聞いてみた所、OKを頂きましたので、作り方はほぼ同じです。

1mm厚のプラ板を、テープLEDの幅と車体長に切り出します。長さは、設置する場所に合わせて後で切って調節します。

テープLEDは5cm単位で長さを調節出来るので、組み込む車体の長さに合う様にカットして、最初から裏面に両面テープが張ってあるので、テープLEDをプラ板に張っていきます。


車体に合わせて長さを調節しているので、ピッタリだと思います。

電気配線をしていきます。

DCCデコーダーのファンクション出力からDC12Vが供給されますので、プラス、マイナスを間違えないように配線します。

ヘッドライトやテールライトのファンクション出力と別のファンクション出力なので、列車の進行方向で極性が変わることはありませんから、ブリッジダイオードは省略しています。

LEDの明るさ調整と、消費電流制限のため、定電流ダイオードを入れて電流を制限します。使用したのはE-103 8.0-12.0mAの定電流ダイオードです。テープLEDには抵抗が組み込まれているので、定電流ダイオードを入れなくても点灯しますが、眼が眩むほど明るく点灯して、消費電流もDCCデコーダーの最大値を超えてしまいます。発熱も凄いので、必ず入れましょう。

線路の汚れや、ポイントを渡るときに室内灯がチラつくので、防止の為に電解コンデンサー接続しました。これはお好みで。

DCCデコーダー側の配線です。前回の記事で準備工事をしたので、配線は楽です。リード線の色も後で解るようにお好みで。

車内に室内灯を設置。黒色のテープで止めています。

点灯! これでも結構明るいです。

車体を戻すと、ガラスにスモークが掛っているので、Nardiさんが言われた通り、良い感じになります。

F9を押せば室内灯が点灯するのですが、点灯試験中にF6をオンにすると室内灯が点灯しました。原因はF6を押すと、FO6(AUX6)に電圧が出る様に設定したままでした。CV40=0を書き込んでF6を押してもFO6(AUX6)に電圧が出力されない様OFFにして解決です。

消費電流を計測してみました。Z21のメンテナンスソフトを使えばメイントラックの消費電流が表示さます。まだ1両しか室内灯を組み込んでいないので、1両の電流です。

画像のMain track curentを見ると、室内灯OFF時は約6mAです。

室内灯をONにすると、約18mAです。

室内灯は12mAで動作している事になります。定電流ダイオードが上手く働いていますね。7両全部に室内灯を入れても計算上12 x 7で84mAです。これならDCCデコーダーのファンクション出力でも余裕です。

さあ、頑張ってあと6両分工作です。

Nardiさん、真似を許可して頂き有難うございました。

2018年8月5日日曜日

ROCO #64111 ČD Rail Jet 室内灯設置準備を始めましたが。解決編。

ROCO #64111 ČD Rail Jet 室内灯設置準備を始めましたが、ファンクションの割り当てでストップしてしまいました。

ソフトでダメなら、ハードでと。配線を追加することで解決しました。

制御客車に搭載しているアクセサリーデコーダー ZIMO MX685P16 ですが、デフォルトでF9がコントロール出来る出力はFO5、FO6 (AUX5、AUX6)です。

幸いにもMX685P16には、ファンクションOutput FO5、FO6 (AUX5、AUX6)が有ります。ここにリード線をハンダ付けして、CV値を変更すれば、ファンクションが空いているF9の使用が可能になります。今回はFO6 (AUX6)を使用することにしました。

デコーダーソケット、左下から4番目がFO6 (AUX6)出力です。ここにリード線をハンダ付け。

F9を使用可能するには、CV#43を書き換えます。CV43=2 に変更すると、F9キーを押すとFO6(AUX6)に電圧が出力されます。

テスターでチェック。FO6 (AUX6)問題なく電圧が出ています。

これで、室内灯を搭載する準備が出来ました。

追記。(2018/08/08)
ライト基板に、使われていない空き回路パターンがあったので、それを利用する方法に変更しました。
赤で囲った回路パターンが空いていたので、FO6(AUX6)出力とコードで接続しました。室内灯のコードをパターン端のランドにハンダ付けすれば良いので、工作し易くなりました。コードも少し太くしたので、少々電流を流しても大丈夫でしょう。