2018年7月16日月曜日

買って直ぐにDCCの線路に乗せてはいけない、制御客車があるとは。

ROCO のČD Rail Jetを購入した時のお話です。

まさか、購入した状態ではDCCに対応していない客車があるとは思いもしませんでした。ROCO #64111 ČD Rail Jet 直流2線式のセットが罠でした。

4両セットの内の制御客車をDCCのレールに乗せると、ライトは点灯するが、テールライトに切り替わらない。「あら、初期不良?」と思っていました。
ROCO #64111 ČD Rail Jet Set 制御客車

ROCOの制御客車は、車輪にスイッチが付いていて、列車の進行方法でヘッドライト、テールライトの切り替えが出来る様になっているのが大半でした。このČD Rail Jetもそうかと思ってレールに乗せていました。

大抵のROCOの制御客車の台車に付いている接点。これでライトの切り替えをします。

暫く走らせていると、制御客車の走りがおかしくなってきました。レールから降ろして、車輪を見ると、軸が曲がっていて、触ると熱い!
曲がった車軸。交換が届くまで走行出来る様に修理しましたが、事故時はもっと曲がっていました。
幸い、被害は車輪だけで、台車は変形なしでした。

DCCコマンドステーションは、ショートを検知していないのですが、制御客車の基盤がショートして、熱を持ったと思い、制御客車を開けてみると、ライト部分にPLUXピンのボードが刺さっていました。直流2線式のヘッドライトボードです。

「こいつが原因か。」と、ボードを外して線路に乗せてしばらく様子を見ていました。

今度は熱も持たず、大丈夫でした。

外したボードを見ていると、ショートした形跡もなく、原因も不明なので、修理の新品ライトボードを注文しようと品番確認のため説明書を広げると、最初に注意書きがありました。
DCCで使うときは、PLUXボードをデコーダーに交換しないとダメ。と、書いてあるではないですか。初めて、そのままでDCCでは使えないことが発覚しました。

DCC非対応なら、テールライトに切り替わらないし、発熱して車輪も曲がる訳です。

後日、修理の車輪と、ファンクションデコーダーを注文しました。

ファンクションデコーダーは、ZIMOのMX685P16を選択。

工作は、車輪は新品に交換。

直流用のボードを外して、ファンクションデコーダーに置き換えるだけです。PLUXピンボードなので、差し替えるだけです。アドレスは機関車と同じアドレスを書き込みます。このままではライトの点灯方向がおかしいので、CV29を書き換えて、機関車が先頭の時はテールライトが点く様にします。

幸い、被害は軽微でしたが、下手したら台車溶損という事態でした。説明書は最初に読みましょうと言う教訓でした。
 

2018年7月12日木曜日

デジタルカプラーと相性の良いカプラーは?

ESU、ROCO、Märklin Telexなど、他にもあると思いますが、DCC制御で手元で連結解放操作が出来るデジタルカプラーが各社から発売されています。しかし、連結は出来るけど、解放が上手に出来ない等の相性があります。

手持ちの機材で、相性チェックをしてみました。

素人チェックですので、個人の感想です。環境やテストされる方が違えば、この結果になるとは限りません。製品の個体差もあります。ご了解ください。

使用機材。

機関車
ESU #31250 DBAG BR261
HAG #010 015-22 SBB Ee922 ROCOデジタルカプラー搭載改造。
TRXI #22047 DBAG BR335 Märklin Telex

貨車
ROCO 品番不明

客車
ROCO 64644 ČD Bmz客車

カプラー
スタンダードループカプラー
ESU #41000 ユニバーサルカプラー
ROCO #40397 ユニバーサルカプラー
Märklin #7203 Kurzkupplungsköpfe

テスト環境。
平坦直線で、貨車、客車を機関車に連結。自動解放操作を5回行い、デジタルカプラーで自動解放出来るか検証。

判断は以下の基準にしました。

×    まったく解放出来ない。
△ 5回中、2回以上解放に失敗。
○ 5回中、1回のみ解放に失敗。
◎ 5回とも解放に成功。

スタンダードカプラー

ROCOのユニバーサルカプラー

ESUのユニバーサルカプラー
ROCOとESUのユニバーサルカプラー、見分けが付き難いと思います。カプラーを解放する時に押し上げる突起に違いがあるので、その部分で見分けが付きます。
ROCOは突起が四角いです。

ESUは突起がバー状になっています。


メルクリンのショートカプラーです。

*ESU #31250 DBAG BR261

貨車との相性。
スタンダード × 解放出来ません。
ROCO            ○ 解放出来ますが、1回失敗。
ESU        ◎ 問題なく解放出来ました。
Märklin     × 解放出来ません。

客車との相性。
スタンダード × 解放出来ません。
ROCO            △ 4回失敗。
ESU        ◎ 問題なく解放出来ました。
Märklin     × 解放出来ません。

*HAG #010 015-22 SBB Ee922 ROCOデジタルカプラー搭載
ROCOのデジタルカプラーです。

貨車との相性。
スタンダード × 解放出来ません。
ROCO            ◎ 問題なく解放出来ました。
ESU        ◎ 問題なく解放出来ました。
Märklin     × 解放出来ません。

客車との相性。
 スタンダード × 解放出来ません。
ROCO            ○ 解放出来ますが、1回失敗。
ESU        ◎ 問題なく解放出来ました。
Märklin     × 解放出来ません。

*TRXI #22047 DBAG BR335 Märklin Telex.

貨車との相性。
スタンダード ○ 解放出来ますが、1回失敗。
ROCO            ○ 解放出来ますが、1回失敗。
ESU        ◎ 問題なく解放出来ました。
Märklin     ◎ 問題なく解放出来ました。

客車との相性。
スタンダード ○ 解放出来ますが、1回失敗。
ROCO            ○ 解放出来ますが、1回失敗。
ESU        ◎ 問題なく解放出来ました。
Märklin     ◎ 問題なく解放出来ました。

以上がテスト結果です。ESUのユニバーサルカプラーが優秀でした。ROCOのカプラーもよく似た形状なのですが、差が出たのは意外でした。

メルクリンのカプラーは、相手側の連結器としっかり連結してしまい、自動解放には不向きだと思います。Telexで解放出来るのは、自社製品だからでしょう。

私は、機関車連結部分にはESUのユニバーサルカプラーを装着しようと思います。


2018年7月1日日曜日

HAG HO SBB Ee922 反対側にもデジタルカプラーを取り付け。

先日投稿した、HAG HO SBB Ee922のデジタルカプラー。反対側もデジタルカプラー化する方法を考えていましたが、簡単に出来ることが判明。早速取り付けてみました。

連結を解放する時の動作を見ていた所、進行方向を後進にして、F3を操作すると解放するのですが、前進でもF3を操作すると、反対方向に解放の動作をします。

ならば、両方のデジタルカプラーを、同じDCCデコーダーの端子に接続すればOKかも?と思い、両方のカプラーのリード線を片方の時と同じ場所に接続してみました。
両方のデジタルカプラーのリード線は、同じ場所に接続します。

前回取り付けたデジタルカプラー。
増設した反対側のデジタルカプラー。


テストの結果、問題なく、両方のカプラーで解放操作出来るようになりました。ただし、F3を操作すると、進行方向に関係なくデジタルカプラーが動作しますが。

両側デジタルカプラー化したEe922の動画です。

2018年6月27日水曜日

HAG #010 015-22 SBB Ee922にデジタルカプラーを取り付け。

HAG #010 015-22 SBB Ee922にデジタルカプラーを取り付け、自動解放出来る様にしました。

本当は両側に取り付けたいのですが、参考にした動画は片方のみの動画でした。両方に取り付ける方法が判れば良いのですが。

使用するカプラーは、ROCOのデジタルカプラー品番129678を使用します。ROCOのサービスから取り寄せました。

手すりを外します。刺さっているだけなので、ピンセット等で簡単に外れます。

ネジを緩めて、ボディーを外します。

白のフラットケーブルのコネクターを緩めて、ボディーを分離します。

デコーダーを外します。刺さっているだけなので、ゆっくり引っ張れば外れます。

元のカプラーを外し、デジタルカプラーをカプラーポケットに差し込みます。

電線は、カプラーポケットを止めているネジの根本に穴があるので、そこに差し込みます。カプラーの首振りを妨げないよう、電線は少し弛みを持たせます。電線は基板側に出て来ます。

カプラーからの電線をDCCコネクターの根本にハンダ付けします。

使用のDCCのデコーダーは、ZIMOのMX644Dです。

カプラー正面から見て、左側の電線を、DCCコネクター右側下から4番目にハンダ付け、右側の電線を、左側上から5番目にハンダ付けします。
右側下から4番目は、FO4(ファンクション4)出力、左側上から5番目は、コモンのプラス側になります。

ハンダ付けが出来たら、DCCデコーダーを元の位置に刺して、フラットケーブルを接続して車体を戻します。

プログラマーを使って、デコーダーのCV値を以下の数値に変更します。
CV37 = 36 (初期値 4) 
CV115 = 60(初期値 77)
CV130 = 48(初期値 0)

機関車の進行方向を後進、F3を操作して解放出来れば完成です。


以下のYoutube動画を参考にしました。

Thank you,Modellbahn Reviews.
Danke,Modellbahn Reviews.

2018年6月26日火曜日

A.C.M.E #55184 ČD EC378/379 'PORTA BOHEMICA' SET4が到着。

Nardiさんのブログ、The Nameless City.の記事、
「A.C.M.E. 55184 ČD "PORTA BOHEMICA" SET4が届く」を読んで、SET4が有るのを知りました。

早速、オーストリアの模型店、memobaに注文しました。6月の第3週にグループの大運転会があるので、間に合わないと思っていたましが、なんと発送から6日で配達されてきました。こんなに早いのは初めてで、運転会に間に合いました。
しっかりとした梱包で安心です。

AmpzとBmzの2両セット限定品です。



Set4のBmzは、Bmz232型

Bmz232はSet4のみです。
Set4が入手出来たので、2015年当時のフル編成が揃いました。

相変わらず下手ですが、運転会での走行動画です。
 

購入先 オーストリア Memoba.

2018年6月14日木曜日

ROCO #73940 BR193 Vectron RegioJet等が到着。

ROCO #73940 BR193 RegioJetと、同じくROCO RegioJetの客車が到着しました。

Lippeさん、いつもの厳重梱包で到着。



今回購入したのは、
ROCO #73940 BR193  RegioJet 車番  91 80 6193 227-6 D-ELOC
ROCO #74336 Ampz   Regiojet 車番  A-RJ 61 81 18-91 013-1
ROCO #74337 Bmz     RegioJet 車番  A-RJ 61 81 28-91 018-8
ROCO #74338 Bmz     RegioJet 車番  A-RJ 61 81 21-91 027-6

以上の4両です。

ROCO #74336 Ampz

ROCO #74337 Bmz

ROCO #74338 Bmz

RegioJetのロゴ。
Ampzなのに、2等車の表記なのが謎です。

Vectron BR193が初入線です。
ROCO #73940 BR193 Vectron RegioJet
 

夕方に届いたので、まだ試運転していません。初のLeoSoundLabの音源なので、どんな音か楽しみです。お顔が寂しいのでよく見ると、別付け部品が沢山。きれい取り付け出来るか心配です。

購入先 ドイツ・Modellbahnshop Lippe.

2018年6月9日土曜日

A.C.M.E #60180 MÁV V63 'Gigant' Electric Locomotive.

以前、Digitools DigiSound3.1 Sound Decoder.で紹介した、
A.C.M.E #60180 MÁV V63 型電気機関車です。

ハンガリー国鉄の交流電気機関車で、特徴は三軸台車です。最高速度は160km/h。出力は3575kWで、貨物列車、旅客列車両方牽引しています。

模型はHOゲージはA.C.M.Eが製品化しています。車番違いも出ているようです。日本の市場ではほとんど見かけない製品で、車両の入手に苦労しました。ヤフオクで入手出来ました。

ドイツ・ベルリンから、チェコを経由して、ハンガリー・ブタペストへ向かう、EC172・173 Hungariaという列車があります。2015年当時の編成は、ドイツ発車からハンガリー国鉄の青いEC客車で統一された編成で、美しさに是非模型で再現したくなりました。

実際にハンガリー国内でV63がECを牽引していたかどうかは不明ですが、牽引していても不自然では無いと思います。

相変わらず下手な動画ですが、DCCファンクションの動画です。


2018年6月5日火曜日

ROCO #72802 Beilhack Rotary Snow Blower,DBAG BR716.

ROCO 品番72802 ドイツ鉄道(DBAG)BR716 ロータリー除雪車です。

昨年、Modellbahnshop-lippeのバーゲンセールで購入しました。
高級品の箱です。
 
前面

後方

側面

正面
この製品の特長は、車体のディテールも美しいですが、DCCギミックでしょう。
ヘッドライト、汽笛は当たり前。除雪ローターの回転や、なんと車体も180度転回します。

下手な撮影ですが、動画で紹介したいと思います。

DCCギミックは面白いです。ここまで出来るのかと関心するばかりです。
私が購入したのはドイツ鉄道バージョンですが、他にもSBBやFS版も発売されているようです。

購入先  ドイツ Modellbahnshop-lippe.